最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
試験に合格する
お絵かき

私立の小学校のの受験者は毎年増加しています。
それは、いい学校に入れて、よい教育環境を子どもに与えたいと考える親が増えている故です。
とはいえ、小学校の入学試験に合格するためには、それなりの受験対策が必要です。
とくに、魅力的な学習方法や将来に有望な進学先が望める小学校の合格率は狭き門であるため、塾や幼児教室にかよって第一志望の小学校に合格できる力をつけます。
塾では、ひらがなやカタカナの読み書きや数の数え方などを習いますが、これは、一般的な幼稚園や保育園ではカリキュラムに入っていないためです。
ごく一部の、幼稚園では私立の小学校の受験対策として行っています。

通常は、読み書きなどは小学校に入学してから覚えますが、私立の小学校はより優秀な人材を求める傾向にあります。
そのため、早期教育が必要となります。

また、幼児教室では、創造的な遊びや集団の中の生活について学びます。
これらは、幼稚園でも同じような遊びを行っている部分もあります。
しかし、幼児教室によって反復を繰り返すことによって、遊び方や集団生活がより着につくようになります。
また、幼稚園より少人数で活動を行うので、きめ細かい指導が可能であり、一人一人の行動をじっくり見られるゆえに、感情や行動のケアも充実します。
それによって、その子どもに沿った受験対策を立てられます。

さらに、幼稚園には取りいれられていない教具やおもちゃも取り揃えており、多くの選択肢があることで、子どもの興味や関心を引き出しやすくしています。
他には、受験対策の本や過去問題集も販売されていますが、受験対策の本は、おもに保護者向けです。
受験に対して、どのような心持ちや態度で臨むかについて指南しています。
また、子どもの指導の仕方のアドバイスや面接対策も掲載されています。
面接対策の本は、どのような服装や態度で挑むかについてはもちろん、各小学校の面接の特徴が解説されているため、それを読むことで、受験対策が立てやすくなります。

オススメリンク

カラフルなブロック

幼児教育を重視

最近の教育の傾向として、早い段階から塾に通い、勉強をしてレベルの高い学校に入る子供が多くなっています。
学校の形も近年変わりつつあり、中高一貫校や早いところでは小学校から全て一貫になって…Read more

関連リンク