免許を取得するときに確認しておくべき情報や知っておくと役立つこと

歴史を知る

船舶免許の知っておきたい歴史

船舶免許は過去には、船に乗る仕事をするために必要な免許として扱われてきました。そのため、商船学校などで取得をする事が出来る免許として船舶免許は存在していました。 現在では、船乗りのための免許だけではなく様々な事に活用をする事が出来る免許として船舶免許は多くの人が取得しています。 船舶免許は、免許の発行当初は船乗りとして働く人が取得をする免許でした。しかし、時代の流れによって空運や陸送などが中心となっていく中で船舶免許を取得する人は減少していきました。しかし、マリンスポーツが普及すると同時に、船舶免許を取得する人も再び増加した歴史があります。マリンスポーツには船舶免許が必要なスポーツもありますので、現在では多くの方が免許を取得しています。

ボートやクルーザーに乗るなら船舶免許は必須です

釣りなどを行うために自分でボートやクルーザーを運転される方も多いですが、運転するためには船舶免許が必要になります。船舶免許というと非常に難しいイメージがあるかもしれませんが、1週間程度で講習は終わりますので長期休みを利用して船舶免許を取得してしまうのが最適です。 1級になると外洋にも自分の船で出られるようになりますので、マリンスポーツなどを本格的に行うつもりなら取得しておいたほうが便利です。船舶免許も自動車免許と同じように学科と実技の試験が行われますので、合格を勝ち取るためにもしっかりと集中して講習を受けることが大切です。 教習所も全国各地にあり、短期間で免許を取得するためのサポートをしっかりと行ってくれますので、上手く活用してください。

↑ PAGE TOP